「……ランサー」

後ろにいる気配に声をかける。

「んー?」

気のない返事。 

「そうやって、後ろから見られていると集中できんのだがな」

「あー、ワリィワリィ」

答えはしたものの、視線はいまだ手にした本に向かったまま。

「……そんなに読みたいのならば、貸すと言っているだろう?」

あきれながら問いかける声に

「あー、 それじゃあ意味ねえんだよ」

別に後で読みたいわけじゃないんだ、とランサーは返す。

「だって、オレが見たいのはお前が"今、読んでいる本"だからな」

「……わけの分からんことを」

今、この本を読んでいて、だからなんだと言うのか。
彼は、たまにこうした理解しがたい行動をとる。

「それに俺、字読めねえし」

「……」

理解できない、無意味な行為。

「で? 続き、読まねえのか?」

先を促す背後の気配。
そこからどく気も、覗き見るのを止める気もないらしい。

アーチャーはため息をつくと、

「……せめて、手をどけろ。 重い」

「ん。 わかった。」

意味のない行為を受け入れて、再び本へと視線を戻した。


……本の内容など、結局の所、あまり頭に入ってはこなかったが。




←BACK








広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット